テクノUMG株式会社 > 製品紹介 > きしみ音対策材 HUSHLLOY®

きしみ音対策材 HUSHLLOY®

工程削減と製品の信頼性向上に貢献
 
 


プラスチック部品の嵌合部等から発生するきしみ音に対し、画期的な効果を有するスチレン系特殊熱可塑性樹脂「HUSHLLOY®(ハッシュロイ)*1」シリーズをご紹介します。

*1: 「HUSHLLOY®」はテクノUMG株式会社の登録済商標です。

プラスチック部品の嵌合部では、部品同士の擦れによって不快なきしみ音が発生します。これは接触面で生じる摩擦振動「スティックスリップ現象 *2」によって生じるもので、根本的な対策が難しく、また、CAEシミュレーション等による事前の発生予測も難しいため、製品設計における大きな課題の一つとなっています。
 
*2: スティックスリップ(Stick-Slip)現象: 固着(Stick)と滑り(Slip)が連続して発生することによる振動現象を指します。
これは、材料同士の表面粗さで引っかかりが生じた状態で力が加わることで材料がたわみ、弾性力が固着力を超えると滑ってエネルギーが解放、ふたたび材料が引っかかってたわむ…というサイクルが繰り返すことで生じます。この滑りが生じた際に材料が振動し、可聴域の音を発生した場合、不快なきしみ音となって耳に聞こえることがあります。

現在、きしみ音低減の対策として、きしみ音発生が疑われる部位へのグリス塗布や不織布貼付などが行なわれていますが、工数・費用の負担が大きく、施工ミスによる不良発生のリスクも生じます。

「HUSHLLOY®」を用いることにより、これらの工程が不要になり、グリス・不織布コスト、工程コスト、検査コストなどの製造コストが削減できることに加えて、効果が永続的に持続することによりグリス等の老朽化による低減効果の減衰を防止することも可能になります。
 

Hushlloyによる工程削減例

適用用途例
 自動車部品(インジケーター、エアコンリテーナー、カップホルダー、メーターハウジング等)
 エレクトロニクス部品(デジタルビデオカメラ、ディスクトレイ、カーナビゲーション等)
 日用品(ベッド、椅子等)

製品ラインアップについては、耐熱、つや消し、ガラス入り、PCアロイ等を取り揃えており、いずれも従来のABS樹脂の特徴である物性バランスや成形加工性の良さ及び安定した成形収縮率を維持したまま、きしみ音対策機能を加えたものです。
「HUSHLLOY®」の機械物性及び成形収縮率は、従来のABS樹脂やPCアロイと同等であるため、現行の金型をそのまま使用して頂くことも可能です。

ぜひ、きしみ音でお困りの部位、きしみ音の発生が懸念される部位への「HUSHLLOY®」シリーズの使用をご検討下さい。

HUSHLLOY®シリーズ 製品ラインアップ
一般タイプ ABS系 HUSHLLOY®
耐熱タイプ 耐熱ABS系 HUSHLLOY®
耐候タイプ AES®系 HUSHLLOY®
ASA系 HUSHLLOY®
艶消しタイプ 艶消しABS系 HUSHLLOY®
PCアロイタイプ(強靭) PC/ABS系 HUSHLLOY®
PCアロイタイプ(耐候) PC/AES®系 HUSHLLOY®
PAアロイタイプ PA/ABS系 HUSHLLOY®
PBTアロイタイプ PBT/ABS系 HUSHLLOY®
ガラス繊維強化タイプ ガラス繊維強化系 HUSHLLOY®
難燃タイプ 難燃系 HUSHLLOY®
押出タイプ 押出系 HUSHLLOY®

PDF資料ダウンロード



本材料に関する詳しい情報は、弊社営業部までお問い合わせ下さい。

テクノUMG株式会社
営業管理部
TEL:03-6218-3880
お問い合わせフォーム


 
製品の購入・見積り等のお問合せ
 営業管理部
 03-6218-3880

お問い合わせ

 
技術に関してのお問合せ
 製品技術部
 03-6218-3872

お問い合わせ

 
弊社海外拠点へのお問合せ

お問い合わせ