テクノUMG株式会社 > 若手社員の声 > 生産・生産技術部門 宇部・大竹生産技術部 大竹生産技術グループ 重合技術チーム S.Hさん

生産・生産技術部門 宇部・大竹生産技術部 大竹生産技術グループ 重合技術チーム S.Hさん

 

Q1 どんな仕事をしているのか教えてください

製品レシピの改良検討、原料の代替検討・品質評価
私の所属する部署は、工場の生産性の改善や生産工程の管理を行う部署になります。そのテーマの達成に向けては、製品を高品質で効率的に生産する技術が必要であり、私はその中軸となる「工場で生産される製品の生産性改善を目的とした、製品レシピの改良検討」を主に担当しています。ラボスケールでの実験はもちろん、工場のプロセス構築にも一貫して関われることが当社の仕事の特徴であり、私もこの部分に大きなやりがいを感じています。また改良検討と一口に言っても、原料の代替検討・品質評価など仕事はとても幅広く、この点にも面白さを感じています。

Q2 この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか。

苦労の末に、仮説通りの結果が得られたとき
製品レシピの改良検討では、様々な問題点に直面します。その問題点ひとつひとつを解決するために実験を重ねても「理解できない点」が多々出てくることがあり、どのように実験を進めるべきか上司や先輩と相談しアドバイスをもらいながら検討を行う日々を過ごしています。なかなか想定通りの展開を得ることは難しい仕事ではあるのですが、それだけに検討を繰り返し、仮説を立てて実験を行い、イメージ通りの実験結果が得られたときには、非常に大きな喜びとやりがいを感じますね

Q3 入社の決め手になったポイント、理由を教えてください。

会社の雰囲気で入社を決めました
私は自分が学んでいた化学の知識を活かして、化学メーカーで技術系の仕事がしたいと思い、様々な企業を見ていました。当社もそのうちの一つになります。まだ明確な目的意識が絞れなかった就職活動の当初は「絶対この会社で働きたい」というわけではなかったのですが、会社の説明会や面接で実際に会社の方と話してみて、社員の方の雰囲気が非常に好印象だったことから「この会社の方たちと一緒に働きたい」と思うようになり、入社を決めました。

Q4 現在、就職活動をしている皆さんにアドバイスをお願いします。

私が就職活動を始めたころは、自分が何をしたいかもわからず、何となく就職活動を行っていました。私と同じように自分の方向性がわからない学生もいるかと思います。そういった方には、様々な業界・企業を見て、多くの人と話しをすることをアドバイスします。視野を広げて就職活動することで本当に行きたい企業、やりたいことが見つかると思います。悔いの残らないよう就職活動を乗り切ってください!
製品の購入・見積り等のお問合せ
 営業管理部
 03-6218-3880

お問い合わせ

 
技術に関してのお問合せ
 製品技術部
 03-6218-3872

お問い合わせ

 
弊社海外拠点へのお問合せ

お問い合わせ