テクノUMG株式会社 > 若手社員の声 > 研究開発部門 宇部研究所 開発グループ F.Mさん

研究開発部門 宇部研究所 開発グループ F.Mさん

 

Q1 どんな仕事をしているのか教えてください

新規プラスチックの研究開発。原料から商品の樹脂までの開発と性能評価
現在の仕事は、新しいプラスチックの研究開発です。まず原料となる樹脂を入手し、様々な化学反応を経て、当社の商品となるプラスチックの元原料を作り出します。更にそれを他の材料と混ぜ合わせることで、やっと商品となるプラスチックの試作品が完成します。この開発で最も重要なことは、目的とする性能を持った商品ができたか否かを見極めること。様々な機器を使用し、開発中の商品がどのような性能を持っているか、目的とする性能は保持しているかなどを評価していきます。目的とする性能に達した時はもちろんですが「予想していなかった結果が出た」ときには、とても面白さを感じますね。まだまだ自分の知らないプラスチックの性質を目の当たりにすると、とても興味を惹かれます。

Q2 この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか。

開発した商品を顧客に提案し「求めていた性能だ」と喜んで頂いた
1年目の終盤、初めての顧客訪問のとき。緊張しながら自分の開発した商品の紹介を行いましたが、先方の求めている性能には達しておらず、納得の行く提案とはなりませんでした。さらに改良した商品を1か月後までに提案して欲しいとの要望を受け、必死に商品の開発と評価を行いました。もちろん、まだ1年目でやっと仕事内容や会社に慣れてきた頃で、上司や同僚に多くのサポートをして頂きました。その結果、1か月後の再提案の際には、お客様が評価結果を見た瞬間に「御社なら必ずできると思っていたよ」と褒めてくださいました。その時には「苦労しながらでも開発を続けて良かった!」と感じましたね。またこの経験を通して、仕事にはたくさんの人との協力と、社内外問わず信頼関係が必要だと学びました。

Q3 入社の決め手になったポイント、理由を教えてください。

会社説明会で先輩や人事部の話を聞き、会社の雰囲気が気に入った
会社説明会に参加した際に、様々な部署の先輩方との座談会がありました。その時の先輩方は、私たちの質問に皆さん本当に丁寧に答えてくださり、そのことがかなりの好印象となりました。また、人事部の担当者の方が、包み隠さずありのままの会社の状態を説明してくださったことも印象的でした。説明会に参加したその日から「この会社に入って働きたい!」と強く感じ、その後の進路をスムーズに決定することができました。

Q4 現在、就職活動をしている皆さんにアドバイスをお願いします。

会社を知るためには、やはり実際に説明会などで会社を訪問することが最も良いと思います。また、入社試験を受け、内定をもらうことは大切ですが、そのことばかりにこだわらず、本当に自分の働きたい会社かどうかを選ぶことの方が大切だと思います。一生働く会社となりますので、しっかり見て、選別して、入社試験に挑んで頂きたいと思います。
製品の購入・見積り等のお問合せ
 営業管理部
 03-6218-3880

お問い合わせ

 
技術に関してのお問合せ
 製品技術部
 03-6218-3872

お問い合わせ

 
弊社海外拠点へのお問合せ

お問い合わせ