テクノUMG株式会社 > 若手社員の声 > 営業・事務部門 経理財務部 宇部経理グループ W.Mさん

営業・事務部門 経理財務部 宇部経理グループ W.Mさん

 

Q1 どんな仕事をしているのか教えてください

お金の流れを管理し、会社を支える部署
私の所属する経理財務部、宇部経理グループは経理や財務などの業務を行う部署です。中でも私は月々の伝票入力、費用明細作成や対外報告資料の作成などを担当しています。日ごろの業務では会社で発生した費用を正確に仕訳、記録できる会計の知識、注意力が求められます。また、四半期や年次特有の業務もあり、例えば会計監査対応、棚卸実査などの業務にも携わっています。会計監査対応や棚卸実査業務では、会計士の質問に会社を代表して対応し、業務の責任の重さを感じました。このように、経理では日々の仕事を通して会社全体のお金、モノの流れを把握することが出来ます。企業が事業を行う上で必要不可欠な「お金」を管理し、会社を支えることのできる仕事にやりがいを感じています。

Q2 この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか。

会社をお金の流れから見ることが出来る面白さ
月次業務や決算業務を通じて、会社のお金、モノの流れに触れることができます。決算業務では会計士や親会社への報告資料を作成したり、会計監査の際に必要な資料を集めたりしました。当初は会計の知識や社内の業務の流れに疎く、資料を集めるにも戸惑うことだらけでした。しかし、上司や先輩に資料の読み方を教わり、実際に他部署の方々にも業務の流れを教えていただくことで、四半期、年間を通じた弊社の取引の行い方、製品を作るうえでどのような費用が発生するのかを学べました。今年度も決算報告資料などを作っているのですが、会社のモノやお金の流れをつかみ、会社全体の事業を理解すること、会計の知識を付け、問題がないか発見できるように仕事をしています。

Q3 入社の決め手になったポイント、理由を教えてください。

学生時代のタイでの経験から、海外に挑戦する企業に憧れた
入社の決め手は「海外に挑戦する企業であること」「高い技術を持つ素材メーカーであること」です。学生時代にグローバル経済史ゼミに所属していたこともあり、海外で働くことに興味を持っていました。ゼミの研修でタイへ行った際、当社の海外現地法人を含む数社の企業の方からお話を伺う機会がありました。そこで弊社が高付加価値な素材を作り、世界のあらゆる市場に挑戦する企業であることを知り、興味を持ちました。現在の仕事でも輸出の取引や生産に関する費用の処理をすることがあり、世界を舞台に商売をする企業で働いている点に面白さ、やりがいを感じています。また、当社の樹脂は国内、国外を問わず様々な製品に使われています。海外で働くことに挑戦したい方や、色々な製品に不可欠な素材産業に関わりたい方には向いている仕事ですね。

Q4 現在、就職活動をしている皆さんにアドバイスをお願いします。

自分が働きたいと思える会社に行くことです。私は就職活動をしていた際、周りが次々と内定が決まり、最初に内定の決まった会社に入ろうとした時がありました。しかし、自分が本当に働きたいと思える会社に出会えるまで就職活動を続け、当社に入社を決めました。会社はこれから先の人生の長い時間を過ごす場所なので、自分がどう働きたいか考え、納得のできる会社と出会えるよう頑張ってください。
製品の購入・見積り等のお問合せ
 営業管理部
 03-6218-3880

お問い合わせ

 
技術に関してのお問合せ
 製品技術部
 03-6218-3872

お問い合わせ

 
弊社海外拠点へのお問合せ

お問い合わせ